Linux活用レシピ > knoppixの活用 > HDD/SSDのSecureErase


HDDやSSDの「SecureErase」について
    このレシピではknoppixを用いてHDDやSSDの中身を、デバイスの物理機能を使い完全消去する手順を紹介しています。

    「shred」等のソフトウェアを用いる消去ではありません。特にSSDでは、物理/論理変換テーブル(マッピングテーブル)の消去とNANDフラッシュメモリの消去が実施され、SSDの完全消去が実現できます。

    また、HDDにおいても、例えば不良セクタの多発しているHDDの消去に有効です。具体的には「shred」等のソフトウェアでは、不良セクタにぶつかるとエラーで消去処理が中断しますが、この方法では最後まで処理が続行されます。

    なお、パソコンを処分する場合、ハードディスクの中身をフォーマットしただけでは不十分です。
    フォーマットというのはハードディスクの先頭にある目次を削除するだけですので、データ自体は削除されません。
    通常オペレーティングシステムはこの目次を参照してハードディスクのデータを引き出しますので、Windows等から見れば消えたように思えますが、市販のレスキューソフトやレスキューサービスを使えば簡単に復元できます。

    従って、処分したパソコンから個人情報や社内の機密情報が漏洩する危険性があります。

    そこで、このレシピを活用し、特にSSDであってもレスキューソフトや、レスキューサービスでは復旧できないよう完全に消去してから次の用途に使うことが大切です。